冷え性の改善に効果的な食べ物や飲み物、漢方やサプリについて|冷え性対策や血行・血流改善に有効な食材

前回の記事では、冷え性の原因と、冷え性の改善に効果的な3つの対策についてお話しをしました。

前回の記事:
冷え性を改善するには?冷え性の原因と効果的な3つの対策|足先が冷える、冷たい!つらい冷え性を治す方法

今回の記事では、前回の記事で触れなかった、食べ物や飲み物、漢方やサプリ等を利用した、冷え性解消のアプローチについてお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

冷え性の改善に効果的な、身体を温める食べ物や飲み物

足先が冷たい、身体が冷える。
頭痛や胃痛、吐き気やむくみ。

冷え性が引き起こす症状は、多岐にわたります。

こうした症状の改善には、身体を温める・血行を良くすることが基本です。

「身体を温める」というと、運動をする、お風呂に入る、などの行為をイメージする人が多いでしょう。
しかしこのほかにも、身体を温める有効な方法があります。

それは、私たちが毎日欠かさず行っている、「食事」です。

次に挙げるような食べ物や飲み物は、摂取すると、身体を温める効果があるとされます。
冷え性に悩みを抱えている方は、こうした「冷え性に効く食材」を、積極的に食卓へ並べてみてはいかがでしょう。

身体を温める効果がある食べ物と飲み物

しょうが、たまねぎ、にんにく、小松菜、にんじん、ごぼう、肉、赤身の魚、味噌、チーズ、卵、さくらんぼ、桃、紅茶

「身体を温める食材」があれば・・・
「身体を冷やす食材」というものも存在します。

次に挙げるような食べ物や飲み物は、身体を冷やす効果があると言われています。
冷え性の方は、これらの食材の名称を頭の片隅に置いておき、食べ過ぎないよう注意すると良いでしょう。

身体を冷やす効果がある食べ物と飲み物

きゅうり、なす、わかめ、昆布、バナナ、オレンジ、トマト、牛乳、バター、豆腐、緑茶、コーヒー、牛乳

参考:
寒い季節を乗り切る冷え性対策! – 全国健康保険協会

冷え性に効くビタミンやサプリメントについて

近年、冷え性に効く栄養素として、「ビタミンE」が注目を集めています。

ビタミンEが豊富に含まれている食べ物は、豆類や麦類
こうした食べ物を積極的に摂取する国々では、冷え性に悩む人が少ない──といったデータがあるようです。

豆類や麦類を多く食べている国では冷え性の人が少ないというデータがある。豆や麦にはビタミンEが豊富に含まれている。ビタミンEには末梢(しょう)血管の血流をよくする働きがあり、手足の指先が冷たくなる人に効果がある。

ビタミンEが冷え性に効果 – 秋田県薬剤師会

豆類や麦類のほか、次に示すような食品にも、ビタミンEは豊富に含まれています。
これらの食品を積極的に摂取すれば、冷え性の症状が改善する可能性があります。

ビタミンEを豊富に含む食べ物や飲み物

あんこうのきも、すじこ、キャビア、いくら、あゆ、いわし、たらこ、めんたいこ、モロヘイヤ、うなぎ、だいこんの葉、かぼちゃ、たい、ほたるいか、はまち、しそ、うに

参考:
ビタミンE(α-トコフェロール)の多い食品と、食品のビタミンEの含有量一覧表

なお、冷え性の改善効果を得るために必要な「ビタミンEの摂取量」の目安は、次の通りです。

冷え性の場合、ビタミンEを1日100~300ミリグラム服用する。

ビタミンEが冷え性に効果 – 秋田県薬剤師会

食べ物や飲み物で1日100~300ミリグラムのビタミンEを摂取することが難しい場合は、次のようなサプリメントの利用が便利でしょう。

大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンE 100粒

冷え性の改善に効果的な漢方について

冷え性は、甲状腺機能低下症や膠原病などの原因疾患があり、その影響により引き起こされているケースがあります。
原因疾患が存在するのであれば、その病気の治療により、冷え性を根本的に治すことも可能となります。

しかし・・・
冷え性は、原因疾患が見つからず、「原因不明」となるケースが少なくありません。
そのような場合は、薬剤や漢方などを用いた対症療法が主な対策となります。

冷え性の症状緩和に用いられる、代表的な漢方は次の通りです。

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • 苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

冷え性の治し方 – 兵庫県医師会

これらの漢方は市販薬として出回っているため、入手は難しくありません。
しかし冷え性は、その人の症状や体質、持病の有無などによって、用いるべき漢方が異なります。
できる限り、医師から処方された漢方を服用することが望ましいでしょう。

冷え性の人が注意したい生活習慣について

冷え性は、生活習慣の見直しにより、その症状が改善・解消することがあります。
以下に、冷え性の人が改善すべき生活習慣をピックアップしてみましょう。

改善すべき生活習慣その1:タバコ

冷え性の改善のために見直すべき生活習慣、その筆頭は、喫煙です。
タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があるため、冷え性を悪化させる大きな要因となります。
冷え性に悩まされている喫煙者の方は、まずはタバコを控えて、症状が改善するかどうか試してみることをおすすめします。

改善すべき生活習慣その2:タイトな衣類

下着や洋服により身体が締めつけられてしまうと、血流が滞り、足先の冷え性などを引き起こしやすくなります。
近年はタイトなシルエットを作るために、過度に身体を締めつける衣服が少なくありません。
冷え性の人にとって、そうした衣類を常時着用することは好ましくないと言えるでしょう。

改善すべき生活習慣その3:運動不足

冷え性の主な要因の一つは、「筋肉が冷えることによる血流の悪化」です。

筋肉には、血液を全身に送り出す「ポンプ」としての役割があります。
筋肉が冷えてしまうと、このポンプ機能が損なわれ、「足先が冷える、身体が冷たい」といった、血行不良に起因する冷え性の症状を引き起こします。
日ごろ身体を動かす習慣のない人は、筋肉量が少なくなりがちですので、こうした影響を特に受けやすくなります。

心当たりのある方は、前回の記事で紹介したような、冷え性の改善法──ストレッチ、呼吸法、エクササイズ等に取り組んでみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする