冷え性を改善するには?冷え性の原因と効果的な3つの対策|足先が冷える、冷たい!つらい冷え性を治す方法

冷え性。
それは、女性にとって非常に大きな悩みの一つです。

手先足先が冷えてしまうと、家事も仕事も、思うように捗りません。
趣味を楽しむにしても、リラックスするにしても、体が冷たい状態では、有意義な時間にすることは困難です。

この厄介極まる冷え症・・・
なにか、良い改善方法はないものでしょうか?

この記事では、そのような悩みを抱える人のために、冷え性の効果的な改善方法・治し方について、詳しくお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

冷え性はなぜ起こる?足先の冷えを引き起こす原因とは

まずはじめに、冷え性が発生する原因についてお話しをしましょう。

体が冷たい、足先が冷える──。
そうした症状を引き起こすメカニズムとは、いったいどのようなものでしょうか?

冷え性の原因その1:血行不良

一般的に、冷え性の原因は「血行不良」にあると言われています。

冷え性に悩みを抱える人の大半は女性です。
女性は男性と比べると、血管が細く、筋肉量も少ないという特徴があります。
筋肉には、血液を体内に行きわたらせる「ポンプ」としての役割がありますので、その量が少ないことは、血行不良を招く要因となります。

夏場、自宅や職場などで冷房(クーラー)をつけると、足先をはじめとする「体の冷え」に悩まされる女性は多いはずです。
これは、冷房により筋肉が冷えて固くなり、上述の「ポンプ」機能が損なわれ、血行が悪くなることが原因とされます。

冷え性の原因その2:自律神経の乱れ

冷え性は、自律神経のバランスが崩れることによっても、引き起こされる場合があります。

人間の体は、交感神経副交感神経、二つの自律神経がバランス良く働くことで、体温調整を行っています。
この自律神経のバランスが乱れてしまうと、体温調整がうまく働かず、血行が乱れ、「足先が冷える」、「体が冷たい」といった冷え性の症状を招く原因となります。

肉体的な疲労、精神的なストレス、不規則な生活・・・
自律神経が乱れる原因はさまざまです。

心当たりのある方は、生活環境や生活習慣を見直し、自律神経のバランスを整えることで、冷え性の症状改善が期待できるでしょう。

冷え性の原因その3:病気

冷え性というと・・・
一般的に「体質」と捉えられることが多いのではないでしょうか。

しかし冷え性は、原因疾患となる「病気」が存在し、その症状の一つとして「足先が冷える」、「体が冷たい」といった症状が引き起こされている場合があります。

冷え性を引き起こす代表的な病気には、甲状腺機能低下症、膠原病、レイノー病、うつ病などがあります。

下で紹介するような「冷え性を改善・解消する各種方法」を試してみても、一向に状態が良くならない場合は、病院へ赴き、専門家の診察を受けることを検討してください。

冷え性は何科にかかればいいの?

冷え性は、内科もしくは婦人科にて診察を受け付けていることが一般的です。
検査により、冷え性の症状を引き起こす原因疾患が見つかれば、その病気の治療を行うことで、冷え性の改善・解消が期待できます。

しかし冷え性は、原因疾患が見つからないケースも珍しくありません。
その場合、薬剤や漢方の処方を中心とした対症療法、あるいは生活指導により、症状の改善を試みることになります。

冷え性の症状を改善する効果的な方法とは

「体質だから」と、症状の改善を諦めてしまう人も多い冷え性。
しかし冷え性は、適切な対処を行なえば、十分にその症状を改善する、あるいは治すことが可能です。

以下に、冷え症の専門家である伊藤剛臨床准教授が提唱する、「冷え性の改善方法」をご紹介しましょう。

1.ストレッチで足先の冷え性を改善

足先の冷え性を改善するには、「足の指のストレッチ」が効果的です。

足先の冷え性は、足先の血管が収縮していることにより生じます。
収縮している血管をストレッチにより拡張させてやれば、冷え性を改善する効果が期待できます。

やり方はいたって簡単。
足の指に手のひらを添えて、足の裏側へと5秒間、折り曲げるだけです。
1分間、この運動を繰り返すことで、足先の血管が拡張するとともに、自律神経のバランスも整い、冷え性の改善へと繋がります。

① まず座り、片足をもう片方の足の上にのせる
② 次に足の甲と逆の方向に指を5秒曲げて、
③ パッと離す
これを1分間行います。

防げ! 熱中症 に“夏の冷え症”徹底対策だ! – NHK

2.呼吸法で足先の冷え性を改善

もう一つ、「足先の冷え性」に効果のある対処法をご紹介しましょう。
伊藤氏が提唱する、「62呼吸法」です。

① まず、6数えながら息を吐いてください。
② それから2吸う。(合計約10秒)
③ これを6セット、1分間ほど繰り返してください。

防げ! 熱中症 に“夏の冷え症”徹底対策だ! – NHK

前述のように、人間の自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の二種類に大別できます。
このうち、交感神経が優位であるとき、足先の冷え性が発生しやすくなると言われています。
これは、交感神経が優位のときは血管が収縮し、体の末端である足先の血流が滞りがちとなるためです。

62呼吸法は、この交感神経を鎮め、副交感神経を優位にする効果があります。
席を立つことが憚られるような場面で、「足先が冷たい」、「体が冷える」などの体調変化を感じた際は、まずはこの呼吸法を試してみてはいかがでしょう。

3.ウォーキングで冷え性を改善

上で紹介した2つの改善策は、主に「足先の冷え性」に対するものです。
次に、体のどの部位の冷えにも対応する、「汎用的な冷え症対策」をご紹介しましょう。

その冷え性対策の名称は・・・
ぶらんぶらんウォーキング

その名の通り、両腕を「ぶらんぶらん」と動かしながら行うウォーキングです。
このエクササイズの要点は、次の通りです。

① 肘を曲げず、伸ばして大きくふる
② 歩幅を普段より広めにして片足で立つ時間がすこしできる程度にして歩く
③ 荷物を持っているときはやらない
④ 時間は夕方がベター

防げ! 熱中症 に“夏の冷え症”徹底対策だ! – NHK

一番のポイントは、「肘を伸ばした状態で、大きく腕を振ること」です。
肘を伸ばした状態で腕を振るためには、胸や背中の筋肉を活用する必要があります。
この刺激により、ウォーキングがより効果的な全身運動となるわけです。

このぶらんぶらんウォーキングは、全身の血流改善を図ることができるため、体のどの部位の冷えに対しても改善効果が期待できます。
なお、歩く時間は10分から15分で十分とのことです。

こうした運動により新陳代謝が活発になり、体の筋肉量が増え、体質改善に成功すれば、根本的に冷え性を治すことも可能でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする