顎が痛い…顎の付け根が痛い時の原因と対処法|リンパ節の痛み、腫れやしこりに要注意!

顎の付け根が痛い・・・。

そんな症状が慢性的になったときは、要注意です。
次のような、「顎の痛みを引き起こす厄介な病気」を患っている可能性を考慮する必要があります。

  • 顎関節症
  • 顎関節腫瘍
  • 耳下腺炎
  • 耳下腺リンパ節の炎症
  • 外傷性の顎関節炎

この記事では、上記の疾患について、その発症原因や対処法などを詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【顎の付け根が痛い】顎関節症

顎の付け根が痛い症状を引き起こす代表的な疾患に、顎関節症(がくかんせつしょう)があります。

顎関節症とは、顎の付け根、すなわち「顎関節」に、慢性的な異常が生じる疾患です。
顎を動かす・噛む・口を開ける──こうした動作に伴って、次のような症状があらわれます。

顎関節症の代表的な3つの症状
  • 口を動かすと、顎の付け根が痛い。
  • 口を動かすと、「カックン、カクカク、ガクガク」といった音が鳴る。
  • 口が開きにくい。

このほかにも、顎関節症の影響により、頭痛や肩こりが引き起こされることもあります。
これは顎の付け根の筋肉が、頭や首すじ・肩などの筋肉と密接に関係しているためです。
慢性的な頭痛や肩こりが、顎の付け根の痛みと同時期に始まったときは、顎関節症が原因である疑いが強まります。

顎関節症を発症する原因は?

顎関節症を発症する主な原因は、顎関節への過負荷です。
顎関節への負荷が大き過ぎると、顎の付け根の周辺組織が炎症や変形を起こし、顎のスムーズな動作を妨げることから、前述の症状が引き起こされます。

顎関節への負荷となる事柄は様々ですが、その中でも代表的なものをピックアップしてみましょう。

  • 日常的に歯を噛み合わせる、食いしばる癖がある。
  • 睡眠中に歯ぎしりをする癖がある。
  • 片方の顎ばかり使っている(左顎あるいは右顎の歯だけで物を噛んでいる)。
  • 噛み合わせに問題がある。
  • 頬杖や腕枕(うつぶせ寝)など、顎の付け根に偏った圧力をかける習慣がある。
  • 頻繁に固い食べ物やガムを噛む。

顎関節症の発症原因は単一ではなく、こうした問題が複数組み合わさって発症することが多いとされます。

従来は顎関節症の原因はかみ合わせの異常と考えられていましたが、顎関節症の原因は多因子でかみあわせの異常もその一つと考えられています。最も一般的な原因はパラファンクションで、特に日中、睡眠中のくいしばりが筋痛に大きく影響しています。

顎関節症|慶應義塾大学病院 KOMPAS

なお、顎関節症は、若い女性が発症しやすい傾向が知られています。
女性は男性に比べて、顎の付け根周辺の骨格や筋肉が繊細であり、上で述べたような負荷の影響を受けやすいためと考えられます。

顎の痛みや開口障害…顎関節症の有効な対処法は?

顎関節症の対処法としては、上で述べたような「顎関節に負荷をかける癖」を改めることが第一です。
顎の付け根の痛みや違和感が軽度である場合は、このことを徹底するだけでも、症状の改善・解消が期待できます。

顎関節症には日常生活の癖が影響しているので、患者さんが病気の原因となっている悪い癖(悪習癖)を自覚し改善していくこと(自己暗示療法)が治療において最も重要で、再発の予防にもなります。

顎が痛くてつらい「顎関節症」|協会けんぽ 健康サポート

また、精神的ストレスが原因で、無意識に歯を食いしばる・咬合筋を緊張させる癖が生じ、顎関節症の要因となっているケースも少なくありません。
その場合は、「癖を矯正する」という意識を持つのみならず、ストレスを緩和させるための取り組みや、精神的なケアについても考慮する必要があります。

顎関節症の治し方は?効果的な治療法について

顎関節症の治し方としては、「スプリント療法」という、マウスピースを用いた治療法が一般的です。
マウスピースの装着により、顎の形や噛み合わせを適切に保ち、顎の付け根の筋肉や関節にかかる負荷を低減させることができます。
また、無意識の(睡眠中の)歯ぎしりや食いしばりによる顎への負荷を低減させる効果もあります。

そのほかにも、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用いた薬物療法や、赤外線や電気マッサージで患部の血流を促進させて症状の改善・解消を図る理学療法など、顎関節症には様々な治療方法が存在します。
こうした治療により効果が見られない場合は、外科手術が検討されることもあります。

顎が痛い!顎関節症の治療は何科を受診すればいいの?

顎関節症の治療は主に、歯科・口腔外科の担当となります。
顎が痛い、口が開きにくいといった症状が顕著な場合は、顎関節症の専門外来を設けている医療機関の受診をおすすめします。

【腫瘍による顎関節の変形】顎関節腫瘍

顎の痛みをはじめとする、顎関節症と良く似た症状を引き起こす病気に、顎関節腫瘍があります。

顎関節腫瘍とは、文字通り、「顎の付け根にできる腫瘍」のことです。
腫瘍の影響で「顎の骨の全体的なバランス」が崩れるため、口を開けると顎が痛い、ガクガク・カクカクと音が鳴る、口を開きにくい──などの、顎関節症の典型的な症状が生じやすくなります。
腫瘍が大きくなると、顎の変形の影響で顔の歪みが顕著になり、「左右非対称の顏」になります。

顎の付け根が痛い・口を開きにくいといった症状は、顎関節腫瘍の初期症状としてあらわれやすいものですので、この時点で速やかに専門病院にて診察を受けることが大切です。

顎関節の腫瘍が大きくなると、顎の変形などをきたし、顔がゆがんでくるなどの状態を示すこともあります。また、腫瘍がそれほど大きくない場合には、雑音、運動痛など、顎関節症と同じような症状を呈することもあります。

外科手術を必要とする顎関節の疾患 – 東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック

【顎の付け根の腫れと痛み】耳下腺炎

耳の下から顎の付け根にかけてが大きく腫れていて、その部位を軽く手で押すと痛い場合は、耳下腺炎が疑われます。

顎の付け根には耳下腺(じかせん)と呼ばれる、唾液を作る組織があります。
この耳下腺が何らかの要因により炎症を起こした状態を、耳下腺炎と呼びます。

耳下腺炎を引き起こす代表的な疾患は、流行性耳下腺炎、いわゆる「おたふくかぜ」です。
ムンプスウイルスの感染により、耳下腺が炎症を起こした状態のことを指します。
流行性耳下腺炎を発症すると、左顎と右顎、どちらの耳下腺も腫れることが多いですが、片側だけ腫れる場合もあります。

ムンプスウイルスは、いちど感染すれば免疫ができるため、再び感染することは基本的にありません。
しかし、耳下腺炎を引き起こすウイルスや細菌は、下記のように、ムンプスウイルス以外にも多々あります。
こじれてしまうと重篤な状態に陥るケースもありますので、「顎の付け根が腫れている」、「手で押すと痛い」などの症状があらわれたときは、すぐに耳鼻咽喉科や内科にて診察を受けてください。

耳下腺炎は、ムンプス以外に、コクサッキー・パラインフルエンザ・サイトメガロなどのウイルス感染や反復性耳下腺炎・シェグレン症候群など、種々の病気で生じます。

おたふくかぜ – 宮下クリニック

【顎の付け根のしこり】耳下腺リンパ節の炎症

風邪などのウイルス感染症や、外耳炎などの細菌感染症を患ったときは、耳の下や首筋のリンパ節が腫れることは良く知られています。
顎の付け根の周辺にも、耳下腺リンパ節(耳介前リンパ節)と呼ばれるリンパ節が存在し、感染症を患った際に、この部位が腫れて「しこり」状になることがあります。

原因疾患が改善・解消されれば、リンパ節の腫れやしこりは消失します。
たまにリンパ節が大きくなったまま元の大きさに戻らないケースもありますが、基本的に健康上の問題はないとされます。

ウイルス感染症であれば、治療は対症療法が主となりますが、細菌感染症であれば、抗生物質(抗生剤)の使用により早期の回復が期待できます。
症状があらわれた際は、できるだけ早く耳鼻咽喉科や内科にて診察を受けることが大切です。

感染症を患うとリンパ節はなぜ腫れる?

リンパ節とは、免疫システムを担う組織の一つです。
体中に巡っている「リンパ管」の中を通る「リンパ液」を濾過する働きがあります。

感染症を患うなどして、リンパ液に細菌やウイルスが混ざりだすと、リンパ節の濾過の働きが活性化します。
リンパ節の炎症・膨張は、その活性化の影響で引き起こされる現象です。

【顎関節の損傷】外傷性の顎関節炎

どこかに顎を強くぶつけたり、極端に固いものを噛んだりして、顎の付け根に強い圧力が加わると、顎関節を損傷することがあります。
顎関節は繊細な部位ですので、体表の腫れがひいたのちも、内部では顎関節の炎症がしつこく残る場合があります。

こうした顎関節の損傷は、顎関節症顎関節強直症などの厄介な疾患を発症する原因ともなります。
顎の付け根に限らず、関節部周辺に外傷を負った際は、速やかに整形外科などの専門病院を受診し、適切な治療と経過観察を行うことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする