ひょうそうの原因と治療法:指先や爪周りが腫れて膿む時の対処法|自然治癒は可能?手足の爪周囲炎の治し方

爪の根元や側面の皮膚が赤く腫れあがり、強い痛みを感じる──。

このような症状は、ひょうそうもしくはひょう疽(ひょうそ)と呼ばれています。
細菌感染により引き起こされる、化膿性の炎症疾患です。

適切な治療をしないまま放置してしまうと、症状が進行し、化膿が骨にまで及ぶこともある、厄介な病気です。

この記事では、ひょうそうの症状や原因、治し方や予防法などについて、詳しくお話しをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ひょうそうの症状とは

前述の通り、ひょうそう(ひょう疽)は、手足の指先に発生する、「化膿性の炎症」のことです。
この症状が爪周りにあらわれた場合は、爪周囲炎とも呼ばれます。

ひょうそうは、患部が赤黒く腫れ上がり、肉芽状となるのが特徴です。
症状が進行すると、膿が溜まった箇所が黄色く、あるいは白く浮かび上がってきます。
個人差はありますが、強い痛みを伴い、歩行や手指を用いた作業に支障をきたすことが少なくありません。

ひょうそうや爪周囲炎の原因とは

ひょうそうや爪周囲炎が発生する原因は、手足の指先の傷口に、細菌が感染することにあります。

手足の指先は小さな怪我をすることが多く、汚れも付着しやすい部位です。
「かすり傷だから」と、指先の傷口のケアをおざなりにしてしまうと、傷口から細菌が侵入し、ひょうそうを発症する原因となります。

畑仕事や土いじり、子供であれば、砂遊び・泥遊びなどの最中は、知らぬ間に指先を傷つけ、傷口を不衛生な環境に晒してしまう恐れがあるため、注意が必要です。

また、ささくれや手荒れ、深爪やネイルアートなどがきっかけで、ひょうそうを発症する場合もあります。

そのほかにも、巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)の人は、日常的に爪の周囲の皮膚が傷ついていることが多く、ひょうそうを発症しやすいとされます。
足の親指は特に巻き爪・陥入爪に陥りやすいので、日常的な予防の意識が大切です。

ひょうそうの治し方、効果的な治療法について

ひょうそうは、「細菌感染により患部の化膿が引き起こされる疾患」ですので、患部に侵入した細菌を駆逐しなければ、状態は快方へ向かいません。
そのため、ひょうそうの治し方としては、抗生物質(抗生剤)の内服薬・外用薬を用いることが基本方針となります。

抗生物質の使用とともに、外科手術が必要となるケースも少なくありません。
膿みが溜まって腫れが顕著な場合は、患部を切開して膿を排出します。
液体窒素を使って、肉芽を除去することもあります。
ひょうそうの原因が巻き爪・陥入爪にある場合は、爪の矯正治療をしたり、爪の一部を切除するなどして(部分抜爪)、症状の改善を図ります。

こうした外科手術により痛い思いをすることが不安な人は、ひとまず抗生物質の服用や塗り薬のみで、経過を見る──という選択肢もあります。

しかし、ひょうそうは症状が進行すると、化膿が骨や腱にまで至る場合があります。
そこまで症状が悪化すると、治療完了までに長期間を要するだけでなく、なんらかの後遺症が残る恐れもあります。
こうした事情もあり、ひょうそうを患ったときは可能な限り、最短時間で完治を目指せる治療法を選択すべきと言えるでしょう。

ひょうそうの自然治癒・自己処置は可能?

ひょうそうは、自然治癒もしくは自己処置で症状を完治させることが難しい病気です。

いったん症状が落ち着いても、しばらく時間が経過すると、患部の奥に潜んでいた細菌が再び増殖をはじめて、腫れや膿み、痛み等の症状がぶり返してくるケースが珍しくありません。
ひょうそうの症状を確認したときは、できるだけ初期のうちに病院へ行って、医師の診察を受けることが大切です。

ひょうそうには、抗生物質が配合された市販薬の塗り薬が効く場合もあります。
しかし前述のように、「一時的な症状の改善」であることも多く、その場合、自覚症状の薄いまま、化膿が進行してしまう恐れがあります。
細菌感染症に対して、「自己流の治し方」を実践することは、好ましくない選択と考えて間違いありません。

ひょうそうの治療は何科にかかればいい?

ひょうそうの治療は、皮膚科整形外科が専門となります。
巻き爪・陥入爪の矯正や治療を行っている医療機関であれば、ひょうそうの治療も受け付けていると考えて良いでしょう。

ひょうそうの予防法について

治りにくく、再発することも多いひょうそう。
以下に、この厄介な病気の予防法について、お話しをしたいと思います。

前述の通り、ひょうそうは、「手足の指先の傷口への細菌感染」が原因となって発症します。
よって、指先に傷ができたときは、傷口を流水で丁寧に洗い、清潔なガーゼや絆創膏などの被覆材で傷口を覆って、細菌感染を予防することが原則です。

その際の注意点としては、「こまめに被覆材を交換すること」です。
傷口から溢れる血や浸出液が付着した被覆材は、細菌が繁殖しやすい環境となります。
こまめに被覆材を交換して、傷口の周囲を常に清潔に保ってください。

「ささくれ」のような小さな傷口からでも、細菌感染は起こり得ます。
「このくらいの傷、放っておいても大丈夫だろう」などと思わず、些細な傷であっても、十分なケアを怠らないことが大切です。

また、前述のとおり、巻き爪・陥入爪の人は、爪の周囲に傷ができやすく、ひょうそうを発症するリスクが大きくなります。
巻き爪・陥入爪の矯正や治療は、皮膚科や整形外科にて受け付けていますので、ひょうそうの予防のためにも、早めに治療しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする