胸のつかえ感・喉のつかえ感の原因は?喉の奥の違和感に要注意|胸焼けや吐き気、喉が詰まる時の対処法

胸がつかえる、胸焼けがする。
喉が詰まる、喉の奥に違和感がある。

そうした感覚が日常的に生じるようになったときは、要注意です。
後述するような、「食道の病気」を患っている可能性を考慮しなければいけません。

それらの病気の中には、「食道がん」のように、早期発見が予後を大きく左右する病気も少なくありません。

この記事では、冒頭で述べたような症状を引き起こす各種病気と、その対処法について、詳しくお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

【胸のつかえ感や胸焼け】逆流性食道炎

胸のつかえ感や胸焼け、頻繁なげっぷなどの症状があらわれている場合、逆流性食道炎(胃食道逆流症)が原因の可能性があります。

逆流性食道炎とは、食道と胃の境界にある「弁」の働きに異常が生じ、胃酸が食道へと逆流してしまう病気のことです。
逆流した胃酸の影響により食道には炎症が生じ、焼けるような痛みや不快感を引き起こします。
また、炎症の影響により食べ物がスムーズに喉を通らない状態となるため、胸がつかえる・喉がつかえるといった症状もあらわれやすくなります。

逆流性食道炎の主な症状は、次の通りです。

  • 胸がつかえる。
  • 喉がつかえる。
  • 胸焼けがする。
  • 口の中が酸っぱい(呑酸)。
  • 喉の奥に違和感がある。
  • 喉の奥が痛い。

逆流性食道炎を発症する原因は?

逆流性食道炎の主な発症原因は、生活習慣であると言われています。
暴飲暴食や、油っこい食べ物・刺激の強い食べ物を頻繁に口にする食習慣などが、その代表例です。

また、食べてすぐ横になって寝る習慣も、胃酸の逆流を招きやすくなります。
そのほかにも、太っている人は腹圧により胃が圧迫されやすく、逆流性食道炎を起こしやすいと言われています。

逆流性食道炎の治し方は?

逆流性食道炎の症状を解消するには、上で挙げたような生活習慣を改めることが第一です。
対症療法としては、胃酸を抑える薬を用いた薬物療法が、症状の改善に効果的です。
後述する「食道裂孔ヘルニア」を併発するなどして症状が重い場合は、外科手術が検討されることもあります。

逆流性食道炎と良く似た病気「NERD」とは

逆流性食道炎と良く似た症状が生じているにも関わらず、食道の炎症が確認できない病態をNERD(非びらん性胃食道逆流症)と呼びます。

炎症を起こさない程度の、少量の胃液の逆流でも、食道の粘膜が過敏に反応してしまうことが原因の一つと考えられていますが、詳しい発症メカニズムはわかっていません。

逆流性食道炎は、肥満体形の人や高齢者が発症しやすい傾向にありますが、NERDは痩せ形の若い女性が発症しやすいとされます。

【喉のつかえ感やげっぷ】食道裂孔ヘルニア

胸のつかえ感・喉のつかえ感を引き起こす病気の一つに、食道裂孔ヘルニアがあります。

食道と胃は、「横隔膜」によって、上下に隔てられています。
横隔膜には「食道裂孔」と呼ばれる孔があり、食道と胃は、その孔を通して繋がっています。
この食道裂孔に「胃の上端」が入り込んでしまった状態が、食道裂孔ヘルニアです。

食道裂孔ヘルニアを発症すると、胃の上端が狭窄されて食べ物が胃に落ちにくくなることから、胸のつかえ感・喉のつかえ感を引き起こします。
また、げっぷが出やすくなる点も特徴的です。
そのほかにも食道裂孔ヘルニアは、前述した「逆流性食道炎」の発症原因となることでも知られています。

食道裂孔ヘルニアの治し方は?

食道裂孔ヘルニアは、症状が軽度である場合、経過観察となることが少なくありません。
治療の対象となるのは、前述した「逆流性食道炎」を併発しているケースが主とされます。
その場合は、プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーなどの胃酸を抑える薬により、症状の改善・解消を図ります。

服薬のみでは症状の改善が難しいケースでは、外科手術が検討されます。
この手術は、食道裂孔から飛び出した胃を元の場所へと引き戻したのち、裂孔の緩んだ部分を縫って閉じるものです。
現在では腹腔鏡での手術が可能であるため、身体への負担はそれほど大きなものではなくなっています。

症状が軽い場合や臓器の脱出がほとんどない場合は胃酸をおさえる薬などを内服します。症状が強い場合や臓器の脱出がひどい場合は腹腔鏡で食道裂孔を縫い縮める手術を行います。

食道裂孔ヘルニア – 順天堂医院

【喉が詰まる、喉の奥がつかえる】食道アカラシア

食べ物が飲み込みにくい、喉がつかえる、吐き気がする──。
そのような症状が顕著な場合、食道アカラシアという病気が原因の可能性があります。

食道アカラシアは、食道と胃の境界にある「弁」が、何らかの要因で開きにくくなり、飲み込んだ食べ物が食道から胃へと下りていかなくなる病気です。
食べ物が食道に詰まる状態を引き起こすことから、喉がつかえる・吐き気がする・胸が痛いなどの症状が顕著にあらわれます。
また、食事が困難になるため、体重が減少していく傾向にあります。

食道アカラシアを発症する原因は?

食道アカラシアを発症する原因は、詳しくわかっていません。
食道の神経障害やウイルス感染などが可能性として挙げられています。

発症率は「10万人に1人」と言われる、稀な病気です。
比較的、若い人の罹患が多いとされます。
精神疾患や狭心症・心筋梗塞などの他の病気と間違われることも多いため、注意が必要です。

若年で発症すると、精神的な問題であるとか、周期性嘔吐症などといわれて全く異なる治療をうけてしまう場合もあります。
また食道の収縮が嚥下と無関係に強く起きることがあり胸痛を感じることがあります。中年を過ぎてからでは、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患と間違われることもあります。

アカラシア – 東海大学医学部消化器外科 食道班

食道アカラシアの治し方は?

食道アカラシアの治し方としては、前述した「弁」の緊張を和らげる内服薬や、弁の付近にバルーンを送り込み、狭窄の改善・解消を図る「バルーン拡張術」などが一般的です。
ただ、こうした治療は対症療法的なものであり、しばらくすると症状が再発することが珍しくありません。

しかし近年では、経口内視鏡的筋層切開術(POEM)と呼ばれる内視鏡手術が、高い治療実績を残していると言われています。

低侵襲で治療効果の高い内視鏡治療=POEM=
この治療は、体表を切ることなくすべて胃カメラを用いて治療をするため、低侵襲であり、理論的にはどのようなアカラシア患者さんでも効果が期待できることから、日本だけなく世界中に普及しました。しかしながら、疾患の希少性や治療の専門性などから、日本では限られた施設でしか行われていません。

国立大学法人 神戸大学

食道アカラシアを患う人は、食道がんの発症リスクが数倍から数十倍にもなるという報告がありますので、病気が発覚した際は、早期に根治に向けた治療に取り組むことが重要です。

【胸がつかえる、喉がしみる】食道がん

食道がんは、ある程度症状が進行すると、「胸のつかえ感」を引き起こすことで知られています。
食道がんができた部位が、食道上部、喉に近い位置であると、症状は「喉のつかえ感」としてあらわれます。
症状が悪化して腫瘍が大きくなると、食べ物が喉に詰まる現象が顕著になり、水を飲み込むことも困難になります。

食道がんの初期症状について

食道がんの初期症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 食べ物を飲み込んだとき、痛みや違和感がある。
  • 熱い食べ物を飲み込んだとき、「喉がしみる」感覚がある。

ただし食道がんは、こうした初期症状を知覚しにくい病気として知られています。
よって、胸がつかえる・喉が詰まるなどの症状を顕著に感じるときは、がんがある程度進行している可能性があります。

そのため食道がんは、定期的な内視鏡検査などにより、症状があらわれるまえに早期発見することがなによりも大切です。
胸や喉の奥に何らかの違和感を覚えたときは、できるだけ早く消化器内科を受診してください。

食道がんを発症する原因は?

食道がんの発症リスクとしては、飲酒と喫煙が挙げられます。
国立がん研究センターは、この二つを食道がんの強力な原因と結論づけています。

飲酒と食道がんの発生率との関係について – 国立がん研究センター 予防研究グループ

食道がんは、50歳以上の男性に罹患者が多いことで知られています。
この年代に入った男性は、定期的に内視鏡検査を受けることが望ましいでしょう。

そのほかにも、前述した逆流性食道炎や食道アカラシアの罹患者は、食道がんを発症しやすいと言われています。

食道がんの治し方は?

食道がんの治し方には、次のようなものがあります。

  • 内視鏡治療。
  • 抗がん剤を用いた化学療法。
  • 放射線を用いた放射線療法。
  • がんを直接取り除く外科手術。

このうち内視鏡治療は、早期のがんにのみ有効とされます。

【喉の奥に違和感】咽喉頭異常感症(ヒステリー球)

喉に「つかえ感」などの違和感がある、しかし耳鼻咽喉科の検査では、なにも異常が見つからない──。

そのようなケースを、咽喉頭異常感症(ヒステリー球)と呼びます。
ひらたく言ってしまえば、「原因不明」の別称です。

耳鼻咽喉科にて診察可能な「咽喉頭部」とは別の場所に何らかの病変があり、その影響で、喉のつかえ感や違和感などの異常が生じていると思しき状態です。
症状は、喉が詰まる、喉の奥がかゆい、喉の奥が痛い、「できもの」がある感じがする──など、非常に多岐に渡ります。

対処法としては、消化器内科などの別の科で精密検査を行って原因疾患を特定する、あるいは心療内科や精神科にてストレスケアを行って経過を観察する──などがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする